So-net無料ブログ作成
検索選択

日本サッカー界の問題点 [Jリーグ]

Jリーグ発足後にキングカズやゴン隊長を超える日本人ストライカーが未だに現れないこと。
それがA代表を含めた日本サッカー界の問題点だろう。
実際今年のJリーグ得点ランクを見たら上位は外国人ばかり。
(上位の中にDFの釣男が入ってることも問題だけど)

よくシドニー世代はゴールデンエージ云々と言われるが、
FWに関しては当てはまらないと思う。
実際問題柳沢や高原が前記2人を超えるような結果を残してないのだから。
ドイツW杯でどれだけこいつらが足を引っ張ったか)

FWに関して言えばアテネ世代の方が優秀だと思う。
その中で一番可能性を秘めているのが大久保嘉人。
怪我から立ち直れば田中達也や高松も怖い存在だ。

北京世代だが、結局軸になるFWが現れなかった。
あれだけ執着してた平山は結局育てられなかったし、
OA枠で呼ぼうとした嘉人も呼べなかった。
(この件については直前になって交渉したサッカー協会の方が問題だけど)
正直な話、反町にはエースストライカー育成について全く期待してなかった。
なぜなら新潟監督時代に外国人3トップをやった張本人だから。

連敗で予選敗退が決まった以上、オランダ戦は無意味な消化試合。
周作や森重は怪我せずに帰ってきてほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1