So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

6分の1を終わって [大分トリニータ]

3勝1分3敗(勝ち点10)なら上出来。
ただこれから先の7試合は
現在6位以内にいるチームとの対戦が4試合。
来週対戦する相手はともかく
それ以外のチームとは色々な意味で負けられない。
その7試合で勝ち点10は厳しいが、
8ぐらい取れたらいいと思う。

最も今日戦う金沢との一戦は結構厄介。
去年入れ替え戦で当たってたらかなりの確率で負けてたと思うし、
実際一昨年は1分1敗と結果が出てない。
まして先週3失点と守備陣が崩壊しかけているので
絶対に失点しないという意識を持たないと厳しい試合になるかも。
とにかく今日は先制点が絶対に欲しい。

2017年開幕前分析その5(FW編) [大分トリニータ]

2015年シーズン
三平が3年ぶりに復帰し4ゴールを決めたが、
これがFW陣で最多ゴールと言う始末。
ベテランの高松、ユース組の後藤、2年目の伊佐が3ゴール。
この後が話にならないレベル。
背番号10を用意して獲得したブラジル人は
MF編の2人よりもましなレベルであって、
10番にふさわしい選手でなかったのだけは確か。
三平と同じく完全移籍で獲得した奴は
何の役にも立たずに追放。
最終的には怪我持ちのパウリーニョを獲得。
最終節でゴールを決め入れ替え戦に期待を抱いたが、
点を取るしかない第2戦で後半ATまで起用しなかった
意味不明な采配で万事休す。

続きを読む


2017年開幕前分析その4(MF編) [大分トリニータ]

2015年シーズン
この年はブラジル人2人を獲得したが、
半年もしないうちにどちらもいなくなった。
おまけに前政権で出番があった選手を起用しなくなったら
よりによって残留争いの当事者チームに期限付き移籍される始末。
こんな状況下で空中分解しないわけがなく
このポジションはシーズン終了後に半分以上が出て行った。
スタメンクラスのレイチェルや昌也にも移籍のオファーはあったが、
最終的にそれを断って残留。
ユース組の姫野や坂井大を含めた4人が残った。

続きを読む


2017年開幕前分析その3(DF編) [大分トリニータ]

2015シーズン
○○がシーズン開幕直前で3バックに変更する暴挙にでたが、
これが完全に裏目と出て
さらに途中から4バックに移行したものの
個の力を引き上げることを怠りぬるま湯に浸かりきった上に
豆腐のようなメンタルしかもってない腑抜け連中がスタメンをはる始末。
結局責任を取る形で○○を解任したが、
後任がそれ以上の無能だったため
チームが空中分解したまま入れ替え戦に回り降格。
その腑抜け連中はさっさと逃亡したが、
真っ先に残留を表明したキャプテンダニエル
入れ替え戦でやらかしたが一番出場機会が多かった鈴木義、
山口貴、福森、佐藤が残留した。

続きを読む


2017年開幕前分析その2(GK編) [大分トリニータ]

2015年シーズン
この年の正GKは33試合で41失点と悪くないと思えるが、
肝心なところでやらかしてしまっている印象が強く、
それが原因で勝ち点を落とした試合がどれだけあったか。
完封した試合も僅か5試合は少なすぎる。
上福元は8試合出場で10失点。
こちらも肝心なところでやらかした印象が強く、
完封した試合が僅か1試合では問題外。
修行は1試合だけ出場で無失点。
天皇杯でも2試合出場で両方とも完封したが、
そのチャンスを怪我で棒に振ったのが悔やまれる。

続きを読む


サブ5ならず

30キロを過ぎた辺りでは十分に狙えるラップだったが、
そこから一気に失速したためサブ5はならなかった。
それでも自己ベストは更新出来たのと、

ゴール前で有森裕子さんとタッチしてもらえたおかげで少しだけタイムが縮まった。
今からマッサージを受けて来ます。

さあ決戦だ

これから会場に向かいます。

2017年開幕前分析その1 [大分トリニータ]

新戦力が数多く加入したが、
正直なところチームのコアである昌也が抜けたのはとてつもなく大きい。
去年のメンバーで今年もスタメンが確約できるのは
昌也しかいないレベル。
そう考えれば今年大事なのは残留することは当然だが、
新たなるチームのコアになりうる選手を育て上げるのが大事。
岩田、姫野、坂井大、吉平、後藤の誰かが
その位置まで行ければ数年先に未来が待っている。
次回はGK編。

期日前投票 [マラソン]

4年に1度の市議会議員選挙が始まった。
今回は投票日に北九州マラソンを走るので
明日期日前投票をします。
ただ一部を除いて誰が出てるのか分からないうえに、
どのような公約を掲げているのか見えないまま
期日前投票するのは不安しかない。
(税金を納めてる以上当然のことだけど)

北九州マラソンまであと2週間 [マラソン]

本番まであと2週間を切ったが、
今までと違って順調にトレーニングを積めた。

過去2回のフルマラソンを振り返ってみる。

福岡マラソン2015
5キロ 38:51
10キロ 36:42(1:15:33)
15キロ 37:47(1:53:20)
20キロ 45:39(2:38:59)
25キロ 40:00(3:18:59)
30キロ 54:35(4:13:34)
35キロ 50:38(5:04:12)
40キロ 52:44(5:56:56)
ゴール 19:18(6:14:14)
15-20キロでトイレロスがあり、
25キロ過ぎから暑さも手伝い一気にペースダウン。

下関海響マラソン2016
5キロ 34:38
10キロ 32:15(1:06:53)-8:40
15キロ 32:42(1:39:35)-13:45
20キロ 37:14(2:16:49)-22:10
25キロ 43:45(3:00:34)-18:25
30キロ 44:26(3:45:00)-28:34
35キロ 48:26(4:33:26)-30:46
40キロ 48:49(5:22:15)-34:41
ゴール 19:54(5:42:09)-34:05
15キロ過ぎから脚に違和感を感じ、
その後徐々にペースが落ちたものの
前回よりもタイムを短縮できた。

今回は前回よりも目標ペースを多少落とし
ベストタイムを目指す予定。
前の10件 | -